DJI_0005.JPG

法人名の由来

社会福祉法人 三幸福祉会は、三者の幸せを願うというポリシーがあります。三者の幸せを実現する為に、バリエーション豊かな社内制度の運用、対外事業を展開しています。その一部をご紹介します。

 

ご利用される人々の幸せ

法人内の全事業所は、明石市大久保町に点在しています。これは、いつまでも住みなれた地域で在宅生活が継続できるようサービス事業所拠点を集約しているためです。終の棲家(すみか)である特別養護老人ホームでは看取りケアの処遇向上のためにターミナルケア委員会を立ち上げて、長年に渡りご利用者の最期に向き合っています。

 

働くすべての職員たちの幸せ

職員がイキイキと満足して働ける職場づくりを目標に、スキルアップフォローとして社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員の受験対策講座を開講し、法人として資格取得を支援する体制を整えています。新入職員研修は、先輩職員とマンツーマンで2~3ヶ月間OJT(職場内研修)を行い、不安なく現場の業務に就けるよう支援しています。また当法人は、有給休暇の取得率が高く、ほぼ100%有給を取得できる職員配置を取っています。さらに法人内表彰制度やアニバーサリー手当の支給など福利厚生制度も充実しています。そして、社内コミュニケーションの充実に向けて、フットサルチームやバレーボールチームなどのサークル活動等も行っています。

 

家族、ボランティア、地域の人びとの幸せ

講師派遣事業として、近隣の高校や大学へ講師を派遣し、定期的に福祉をテーマとした講義を行っています。また、社会的なニーズに応える為に介護職員初任者研修を開講しています。いずれも法人内職員が講師を担当しています。平成25年度からは、LSA事業(地域見守りサービス)を新たにスタートさせました。

IMG_9664.JPG

仕事のやりがい

私達の仕事は、「アイデア出して、作って、売って」という「企画、製作、販売」の流れで仕事をバトンタッチしていくのではなく、1人のご利用者のケアのためにチームで同時に取りかかります。

例えば高齢者施設では、1つのことを話し合うのに、施設長、栄養士、調理員、看護師、介護員、事務員、相談員などの職種が集まって一緒に仕事をします。更には、市の職員や他の病院や施設の職員、地域の住民などが協力しながらケアを行います。

1人で頑張るのではなく、みんなで連携します。つまり、誰のアイデアが採用されるかどうか、誰の売り上げが高いかなどの競争ではありません。周りの同僚は、ライバルではなく仲間なんです!

福祉の仕事は、サービスを受けて喜ぶ人の顔を目の前で見ることができる。「ありがとう」という言葉を直接言ってもらえる数少ない仕事の1つです。

自分たちが助けを求めている人の最後の砦だというプライドや誇りが仕事への意欲を高めてくれます。

私達の仕事は、その人の人生が続く限り、支援は続きます。どんな仕事をしていても究極の目的は誰かの役に立ちたい。そのための手段が仕事です。

 

何かモノを通じて社会貢献するのではなく、人対人。ダイレクトなのが大きな魅力です。最も社会貢献、地域貢献に直結した仕事、それが私達の介護の仕事のやりがいです。

スクリーンショット 2021-01-21 17.33.22.jpg
ピンクのグラデーション

人材育成にかける想い

三幸福祉会では、一人ひとりが力を伸ばし健やかに働くための制度が充実しています。

また人事考課制度の導入によって、法人が職員に期待する役割や人材像を明らかにし、

全員が理念を正しく理解して業務に取り組みます。

職員自らが目標を設定し、必要な能力の開発にチャレンジする基盤を整備しています。

さらに新人研修や実務研修、資格取得に向けた施設内研修等の実施により、人材の成長をサポートしていきます。

学歴や経験は関係ありません。全ては熱意とやる気! 介護の仕事をしたいという思い!
あなたのチャレンジ精神を応援します。

IMG_9631.JPG
Yoga at Home

研修制度

新人職員集合研修

3月末に行われる集合教育で、主に講義形式で行い、職員として働くにあたって必要な知識を習得します。就業規則などの法人の諸規定・諸規則のほか、法人の掲げる理念、法人が目指す介護像を学び、介護業界の現状と三幸福祉会を理解します。それとともに、介護サービス業に携わる職員として質の高い介護を提供するための、さまざまな理論と手法を学びます。

新人職員OJT

学校で福祉や介護を勉強していない人でも安心して働けるように、三幸福祉会では全国的にも珍しい、かなり長期間にわたる現場受け入れ教育を行っています。新入職員は、最初の2~3カ月間、先輩職員の横について、具体的に介護業務を教わります。常に、先輩職員と一緒なので、初めての介護でも安心して行うことができ、基礎的な介護技術を確実に身につけることができます。

新人職員フォローアップ研修

新入職員は介護現場での実践的なOJT(職場内)研修を受けながら、介護の仕事の喜びや、仕事や人間関係に対しての悩みなど、さまざまな経験をします。この研修では、そのような新入職員の喜びや悩みなどを他の職員や経営者と共有し、社会人として成長する足がかりにします。

新人職員ミニ研修

介護現場の実践的な教育を終えて、一通り介護業務をこなせるようになった新入職員を対象にした確認・復習の研修です。先輩職員から教わった介護技術を再確認し、より確かなものとして身につけるために、定期的に実施されます。

中堅職員研修

主に2年目以降の介護職員を対象とした研修です。中堅職員に求められる専門知識、介護技術などを習得するために定期的に実施されます。

職場内研修や職場外研修など、その職員に合った方法で学びを深めていきます。

リーダー職員・管理者研修

主に役職者を対象とした研修です。リーダーや管理職に求められる専門知識、介護技術などを習得するために職場内外問わずに実施されます。

IMG_8367.JPG

諸制度

資格試験受験対策講座
当法人では介護福祉士国家試験の合格を目指す職員を支援するため、平成21年に「受験対策講座」を開講しました。その後、社会福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)を対象に加えて、現在では3資格の受験対策を行っています。


有給休暇
介護職員の場合、休日休暇は4週8休制です。
有給休暇取得率は、90%以上!プライベートも大事!仕事も大事!


介護用リフト導入
当法人では数年前から介護用リフトを導入しています。介護用リフトを使うことで、ご利用者に安全・安心な移乗介助を提供することができます。これは職員にとっても自身の体にかかる負担を大きく軽減することに役立っています。介護用リフトを導入する際には、先駆的に取り組んでいるオーストラリアへ担当の職員を派遣して理論や実践を学びました!


腰痛予防
入職時には全スタッフに腰痛予防ベルト支給しています。そして、特別養護老人ホームでは毎朝職員は腰痛予防体操を行っています。定期的に腰痛検査を実施しており、スタッフの体調管理には万全の体制を整えています。


表彰制度
がんばる人には、表彰制度があります。永年勤続表彰、研修表彰、法人発展貢献表彰など!200名以上が参加する法人合同忘年会で表彰される瞬間は、感動のシーンです。


スポーツサークル
法人内の複数の施設の職員が集まり、清華苑スポーツサークルを立ち上げてフットサルやバレーボールなどを行っています。先輩後輩、部署を超えた交流の場となっています。

 

アニバーサリー手当制度

職員の誕生日や結婚記念日、両親の誕生日など年1回、商品券やギフト券が支給されます。素敵なエピソードは、法人合同忘年会で披露され、表彰される事もあります。

IMG_2448.JPG